11月29日放送BSテレ東の特番『2020いい肉の日スペシャル 激アツ★肉番長』に「奥出雲和牛のプレミアムローストビーフ サーロイン」登場!肉番長に認定されました!

投稿日: カテゴリー ブログ, メディア情報タグ , ,


こんにちは。スタッフ香坂です。テレビ放送の速報ブログです。

2020年11月29日(日) BSテレ東の特番『2020いい肉の日スペシャル 激アツ★肉番長』(全国)の中で「奥出雲和牛のプレミアムローストビーフ サーロイン」が紹介されました。

番組は“全国のウマい肉が大集合!”していたまさに“肉好きの、肉好きによる、肉好きのためのワンナイトカーニバル”でした。

その中の冷凍食品部門のコーナーでは冷凍食品アドバイザーの西川剛史さんが冷食番長のプレゼンターとして登場しました。

そして出演者の皆さんにブレジュの「奥出雲和牛のプレミアムローストビーフ サーロイン」を実食していただきました。



まず、“これは冷凍とは思えないなぁ”という声。
“うまい!”
“全然違うこれ”(別格に美味しいという意味ですね★)
“笑っちゃうくらい美味しい”

土屋アンナさんは“今日来て良かった”と出演者の皆さんに堪能していただけたようです。

私たちも出演者の皆さんに喜んでいただけて嬉しいです!

そしてみごと全員一致で冷食番長に認定されました!ありがとうございます!


皆様も是非、出演者の方々大絶賛の「奥出雲和牛のプレミアムローストビーフ サーロイン」を召し上がってみてください。

ブレジュの「奥出雲和牛のプレミアムローストビーフ」


奥出雲和牛は、出産・子牛から成牛まで一貫して奥出雲の自然の中で育てるという飼育をしていることが特徴です。この飼育法で大切に育て上げているので、飼育頭数が限られ、奥出雲和牛の生産数を希少なものとして、「幻の黒毛和牛 奥出雲和牛」といわれています。

この飼育法によるメリットは
・移動や環境の変化に伴うストレスがないため、肉質に悪影響がない。
・一頭一頭、子牛の時からその牛の特性を畜産農家が把握しているため、成長に合わせた細やかな牛の世話が行き届いている。
などです。

奥出雲の山から湧き出た清水を飲み水に、青々と育った栄養満点の牧草を食べて、奥出雲の静かで高地特有の美味しい空気を吸って育つ奥出雲和牛は、ストレスなくすくすく育ち、良質でやわらかい肉質になります。

だから美味しいのです。

その奥出雲和牛を使い、
マルタンシェフ秘伝のレシピでブレンドしたスパイスと、香味野菜をまぶしてしっかりと下味をつけ、低温でじっくりロースト。
しっとりと柔らかな食感に仕上げました♪


番組で紹介されたローストビーフはこちらからどうぞ★


赤身の濃厚さが特長のローストビーフはこちらです。