ブレジュのプディングに季節の果実をのせて 涼やかな夏のスイーツを楽しむ〔ブレジュレシピ監修者 内藤則子氏より〕

投稿日: カテゴリー ブログ, 内藤則子氏タグ


こんにちは。 料理研究家の内藤則子です。      

全国的に厳しい猛暑が続く毎日ですが、先日ブレジュの「パンナコッタとカスタードの2層プディング」に夏の果物をトッピングして、ガーデンスイーツを楽しみました。 

ブレジュのスイーツを旬の果物で簡単アレンジ


果物売り場には桃やメロン、すいかと沢山の夏の果物が溢れんばかりに並んでいます。 長雨の影響で生産者の方々はご苦労されたことと思います。
年々厳しくなる気象条件の中、季節になると旬の果物が店頭に並ぶ日本。 有難い事です!

この旬のフルーツを活かした夏のおもてなしスイーツを、 ブレジュの「パンナコッタとカスタードの2層プディング」を使って簡単クッキング。ブレジュのプディングは開口部が広く、色々なトッピングが楽しめます。

季節のフルーツに庭のミントを添えて、爽やかに仕立ててみました。

今回はすいか、メロン、白桃を使いましたが、ベリー類、オレンジ、キウイなどの果物とも相性が良さそうです。

果物をのせるだけで簡単に素敵なスイーツにアップグレードするので、このブレジュのプディングを冷凍庫にストックしておくとおもてなしにもとても重宝します。

梅シロップで残った梅を再利用して


そして先月仕込んだ梅シロップを炭酸で割ってつくる、我が家では猛暑の必須ドリンクとなっている梅ジュース。


梅ジュースを仕込むのに使った梅は、ジャムにしてヨーグルトにのせました。


梅ジャムの作り方は、梅の種を取って梅の実を刻むか、フードプロッセッサーに入れてペースト状にしたものにお好みの砂糖を加え軽く煮るだけ。 (すでに梅には甘味がついているので、梅の重量の1割前後の量の砂糖でOKです)

ヨーグルトやパンと一緒に召し上がる他、カレーや焼肉のタレ、煮込みハンバーグ等に加えると、甘味とコクが増していつもの料理がぐっと美味しくなります。


猛暑の夏も爽やかスイーツで乗り切りましょう!