【スタッフコラム】ダニエル・マルタンシェフの素顔 PART1

投稿日: カテゴリー スタッフコラム, ブログタグ ,



初めまして!スタッフKです。

“ブレジュ”ブランド誕生の約1年前から、マルタンシェフと一緒に仕事を始めて早や5年。

美味しい物好き、旅好き、最近はいろんな種類のグリーンを育てて家をジャングル化しようとしていたり、時々ゴルフもしたり…と、あれこれいろんなことに興味が尽きないアラフィフ女子です。どうぞよろしくお願いします。

フランス料理界のレジェンド、ダニエル・マルタンシェフについてや、 ブレジュにまつわるエトセトラを、徒然なるままに時々呟いて参ります。

ブレジュのテクニカルディレクター、ダニエル・マルタンシェフ


さて、 「ブレジュのレシピ監修はマルタンシェフです。」 とお伝えすると、名前だけでしょ、 と思われるかもしれませんが、 とんでもない!!

週に1回以上はオフィスにいらっしゃって、企画を一緒に考え、 試作を繰り返して完璧なレシピを作ったり、ブレジュのチーフテクニカルディレクターとしての役割を担ってくださっています。

マルタンシェフのユーモアあふれるお人柄、そして華麗なるエピソードなどについてはおいおいご紹介しますが、今回はマルタンシェフについて料理以外のお話を。

アロハシャツ率高!マルタンシェフ夏の私服


マルタンシェフ、いつもおしゃれな方ですが、夏のふだん着はカラフルな“アロハシャツ”が定番です。 先ほど新商品の打合せにいらっしゃいました。よく見ると竹のデザインのアロハ。


先週の定例ミーティング時の濃いピンクと ブル―が鮮やかなアロハシャツ姿。 急にカメラを向けたので、ちょっと照れています^^


こちらは去年の白とグリーンの涼やかなデザインのアロハシャツ姿。マルタンシェフの麻布十番にあるオフィスに伺って打合せした時の写真です。こうして見比べてみると、もしかして1年前の方が少しスマートだったかもしれません(笑)。


そして、コックコート姿のマルタンシェフの写真はこちら!
マルタンシェフの一部のようなコックコート、チャーミングな笑顔で決まってます。これは青山にあるブレジュのテストキッチンでの一枚。いつもはこんな感じで試作を繰り返したり、味見をしたりしています。


マルタンシェフの素顔、いかがでしたでしょうか。
なぜアロハなの??って、今度聞いてみます(笑)。

こんな感じでブレジュに関するエトセトラ、発信していきます!

忘れられない、本物のフレンチの味。


最後に、約5年前に一番初めの試食会で食べた、忘れられないマルタンシェフの味をご紹介します。

それは、「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」です。


マルタンシェフが、1987年に銀座マキシム・ド・パリの 総料理長として来日した時に日本に紹介した、本物のフランス料理のひとつです。

絶対に家では作ることができないプロの味、と感激しました。

フォンドボー、赤ワインで牛ほほ肉を柔らかくなるまで煮込んだスペシャルな味。 赤ワインと一緒にメイン料理として。またちょっと贅沢ですが、応用編としては、 パスタにソースとして絡めても豪華な一品になります。


一流シェフによる「本物のフレンチの味」が、自宅で手軽に食べられる幸せ。
皆さんも、ぜひ一度この感動を体験してみてください。





///////////////////////////////////////




▼よろしければこちらもフォローをお願いします♪