【スタッフコラム】やっちゃダメ!絶対にダメ!(でもやってみたら超美味だった「ローストビーフステーキ」)

投稿日: カテゴリー スタッフコラム, ブルーコーナーK, ブログタグ , ,


土曜日の午後なんかに、仕事を忘れて、好きな音楽をかけて、一人自宅で赤ワインを飲んでいるととっても幸せな気分になります。この間は久々にフュージョンが聞きたくなり、「ラリー・カールトン」を流しながら「ピノノワール」を飲みました。

お久しぶりです。「ブルーコーナーK」です。

この日、ワインに合わせたのはブレジュの「プレミアムローストビーフ サーロイン」。


幻の黒毛和牛とも呼ばれる「奥出雲和牛」を使った「プレミアムローストビーフ」は、三ツ星シェフ、ダニエル・マルタン氏秘伝のレシピで仕上げたブレジュ自慢の逸品です。

しっとりととろける食感、噛みしめた時に口の中に拡がる和牛の旨味。こんなに美味しいローストビーフはほんとに食べたことがありません。

<プレミアムローストビーフの美味しいお召し上がり方>


1.商品を和紙袋から取り出し、冷蔵庫で約14時間かけて解凍します。
2.肉の繊維に対して垂直に包丁を入れ、お好みの厚さに切ります。
3.解凍後少し常温に置くと、とろけるような上質な脂の美味しさが楽しめます。
4.絶妙な塩加減で味付けされているので、そのまま何もつけずに食べても美味です。


▼別売りの「オリジナルソース&スパイス」とも相性抜群です。



ところが事件発生!

土曜日に5枚ほどスライスして、残りはまたゆっくりと食べよう冷蔵庫にラップでしっかりとくるみ、大切に取っておいたローストビーフ。
しかし次の日から忙しくて自宅で食事をすることができず、気が付くとなんと水曜日になってしまいました。

会社のスタッフに「土曜日に開封したローストビーフだけど今日の夜そのまま食べても大丈夫か」と確認したところ、「火を通したほうが良いと思います」とのこと。


(ブルーコーナーK 心の声)
「えっ火を通す?ローストビーフを更に焼くのか?」
「貴重な奥出雲和牛!」
「捨てるのは、もったいない!」
「三ツ星シェフ秘伝のレシピのプレミアムローストビーフ!」
「しかたない、ちょっと厚めに切ってステーキみたいに焼いちゃおう♡」


ということで、不本意ながらフライパンで焼いてみました。
すると、キッチンから確実に美味しいであろうお肉と脂の魅惑的な香りが漂い...
食べてみると、程よく脂がおちて肉の食感が変わっていて...


「あれれ、これめちゃくちゃ旨いじゃん!」


マルタンシェフが味付けた絶妙な塩加減が焼いても残っていて、肉の旨みがマシマシ、何もつけずにそのまま食べられました。


(ブルーコーナーK 心の声)
「プレミアムローストビーフを焼いちゃって、三ツ星シェフに申し訳ない」
「でもマジ旨かった」
「ひょっとしてこれは三ッ星シェが仕込んだ裏技に違いない」


と自分を正当化!
ブレジュの「奥出雲和牛のプレミアムローストビーフ」は、実は焼いても美味しいことがわかりました。

がしかし、せっかくの三ツ星シェフ秘伝のレシピのローストビーフです。基本的にはそのまま食べて下さい。


(ブルーコーナーK 心からのお願い)
「絶品!奥出雲和牛のプレミアムローストビーフサーロインを焼いて食べるなんて」
「良い子は決してまねをしないように!」




▼やっちゃだめかもしれないけど、やったら超絶美味しかった「ローストビーフステーキ」のローストビーフはこちら!




///////////////////////////////////////




▼よろしければこちらもフォローをお願いします♪