【スタッフコラム】鳥取県産自家製らっきょう漬けと絶品フォンドボーカレーで乾杯!

投稿日: カテゴリー スタッフK, ブログ, 商品紹介タグ , , , ,



この度の大雨の被害に遭われた方々ならびに、
そのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心より お祈り申し上げます。


こんにちは、ステイホームを遵守して生活しているスタッフKです。

ステイホーム→家に居る→家でできることを増やそう!
ということで、今年は、今の季節ならではのらっきょう漬けにトライしました。

数年前に挑戦した時は、ラッキョウの皮むき、洗うなどの準備に手間がかかったという印象と保存容器の煮沸消毒の工程が面倒だった、それなのに、ラッキョウを漬けた液が濁ってきてしまい捨てたという苦い思い出がありましたが、今年は、「時間もあるしよし!やるぞ」と気合を入れて。

改めて“らっきょう”って??



ネットで調べてみると素晴らしいキャッチコピーが!
“生きた宝石「らっきょう」”

らっきょうって、泥がついた状態から、皮むきなどの手入れをすると真っ白で透明感があってほんとにきれいです。

原産は、中国、ヒマラヤ地方。東京では、鳥取県産のラッキョウをよく見かけます。
らっきょうに含まれるアリシンという成分が、消化を助けてくれたりビタミンB1の吸収に役立つらしいです。また水溶性食物繊維が豊富とのこと。健康にも美容にも良さそうです。


今回は、まずは、1kgのらっきょうを塩漬けにしました。
数日たっても液も濁らず、透明でなんだかとってもいい感じな気がしたので、 調子に乗り翌週、さらに1kgを甘酢漬けにしました。



こちらは、塩漬けの写真です。
冷蔵庫から出したばかりなので、容器が少し曇っていますが、中はきれいな透明な塩の液です。

塩漬けは、材料は、ラッキョウと塩と水があれば、できるので甘酢漬けより簡単です。
味もさっぱりしていて食感もぱりぱりしていて特に暑い日は、食べやすいです。ビールのおつまみにはぴったりです。

そのままラッキョウ漬けだけを食べても美味しいし、カレーの時は、付け合わせにばっちり。
これで、ブレジュのフォンドボーカレーをまた作りましょう(^^♪


そして、先日は、評判が良いようで以前から気になっていた“無印良品の発酵糠どこ”も購入。
ちなみにこちらおすすめです!

代表的な夏野菜のきゅうり、なすなどなど漬けまくっています。
浅漬け状態でサラダ感覚で食べるのも美味しいですよね。
今年の夏は、”漬物“に凝ってます(笑)。

ラッキョウ漬けや、ぬか漬けのおかげで腸の調子が良いような気がしてきた今日この頃です(笑)。
夏の暑さに負けないように。
汗をかいてもこれらの漬物のおかげで、夏バテしませんように。

STAY HOMEを前向きに♪
これまで気になっていてできなかったことをやる時間。。。


あ、家の片づけがまだまだですね^^;



///////////////////////////////////////




▼よろしければこちらもフォローをお願いします♪