マルタンシェフによる「ブレジュとワインのマリアージュ」

投稿日: カテゴリー お知らせ, スタッフコラム, ブレジュ青山サロン, ブログタグ , , ,

こんにちは!スタッフ香坂です。

今日はブレジュスタッフ向けにマルタンシェフに開催していただいた勉強会の様子をご紹介します!

勉強会は2021年2月9日にブレジュサロンにて開催。

ブレジュでは普段から換気、湿度、マスク、テレワークなどで感染予防に努めています。この日もアクリル板で仕切り間隔も取り、気を付けて勉強会を行いました。

「ブレジュとワインのマリアージュ」

勉強会のテーマは「ブレジュとワインのマリアージュ」でした。

ブレジュの商品にどのようなワインを合わせればより一層美味しくいただくことができるのか、とっても大切なテーマです。

前菜

まず、前菜には「鰯と多伎いちじくのマリネ ベネチア風」と「パテ・ド・カンパーニュ」をピックアップ。

こちらにマルタンシェフが合わせたのは白ワインの「ソーヴィニヨン・ブラン」です。

「シャルドネ」がフルーティなのに対して、「ソーヴィニヨン・ブラン」はより爽やかなのだそうです。

フルーティな「シャルドネ」には、脂が乗っているっているような魚や少し濃い味の鶏のクリームソースなどが合いますが、
「ソーヴィニヨン・ブラン」には、甘酸っぱいお酢を使った魚のマリネや生ハム、レバーペーストなどがとってもよく合います。

白身魚と貝料理には白い花の香りの「ソーヴィニヨン・ブラン」が完璧なマリアージュと覚えておくといいかもしれませんね。

実際とっても飲みやすかったです!お料理も白ワインもぐんぐんすすみました。

すばらしいマリアージュとはこのことですね♪実感しました。

パスタ

パスタは「群馬県産和牛すね肉のラグーソース」。

この商品は牛すね肉が入った赤ワインとフォンドボーを使ったトマトソースで、こちらには飲みやすい赤ワイン「ピノ・ノワール」がオススメだとマルタンシェフが教えてくれました。

酸味が効いたトマト系のソースや、お肉が入っているソースには「ピノ・ノワール」がオススメだそうです!

「ピノ・ノワール」はグラスを傾けると、透き通ったとても綺麗なルビー色をしています。
アルコール度数も12.5%ほどで、のみやすい口当たりで重くならず、材料の味を引き立ててくれます。
そしてフランボワーズの香りと酸味が、後味をさっぱりとさせてくれるそうです。

こちらの商品を詳しく説明しているブログがありますのでそちらもご覧ください。

<ブログ>
2021年1月29日(金)新発売!「群馬県産和牛すね肉のラグーソース 〜三ツ星シェフのブレジュプレミアムフォンフォボー入り〜」

メイン

メインは「奥出雲和牛のプレミアムハンバーグ」。

“ブレジュのプレミアムフォンドボーを使った赤ワインソース”と “ポワブルベールソース”の2種類で食べ比べをしました。

ブレジュのプレミアムフォンドボーを使った赤ワインソース”はマルタンシェフ特製です。その作り方をご紹介しますね。

<作り方>

①ハンバーグを14分湯煎し解凍したら、バター少々とともにフライパンに入れる。
②弱火でゆっくり加熱して焼き色をつける。
③焼き色がついたら、コップ1杯(150cc)の赤ワインでデグラッセ(注1)する。
④赤ワインを煮詰め、アルコール分を飛ばす。そこにブレジュのフォンドボー80ccを加えて煮詰め、ハンバーグに絡ませる。
⑤ハンバーグをフライパンから取り出し、ソースにとろみがつくまで煮詰め、ハンバーグにかけて盛り付ける。

デグラッセ(注1) とは
肉を焼いた時に肉汁が鍋底に落ちて、鍋底にカラメル化してこびりついた旨み成分を、少量の液体(水やワインなどの酒類)を注いで煮溶かし、その旨みを利用して調理すること。
その煮溶かした液体をソースに加えると、ぐっと香りと味が良くなります!

この赤ワインソースはさらっとしているので、赤ワインの中でも軽めな「ピノ・ノワール」が良く合います。

ハンバーグの肉の味も十分感じられる上品なソースで、とても美味しかったです。

もう一方の“ポワブルベールソース”は、生クリームをベースにグリーンペッパー(青胡椒)を効かせたソースです。

「ピノ・ノワール」よりももう少し飲み口が強くスパイシーな「グルナッシュ」が合いますよとマルタンシェフがすすめてくれました。

「グルナッシュ」は「ピノ・ノワール」よりも色も濃く、アルコール度数も高いブドウ品種です。
グラスを傾けて両方を比べると、色の違いが一目瞭然でした!

ブレジュの「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」も濃いお味なので「グルナッシュ」が合うそうですよ♪



濃いワインには濃いソース、爽やかなワインには爽やかなソースが合います。
するとどちらも負けることなく素晴らしいマリアージュになるということです。

お料理とワインの相性はとっても大事なんですね!実際に比べてみて、互いに香りや味を高め合うことを実感しました。

ブレジュの商品をお召し上がりになる時の参考になれば嬉しいです♪
私も興味がぐっと深まりました。
もっともっと勉強して、またご報告していきますね!








///////////////////////////////////////




▼よろしければこちらもフォローをお願いします♪