第4回マルタンシェフによる「ブレジュとワインのマリアージュ」

投稿日: カテゴリー お知らせ, スタッフコラム, ブレジュ青山サロン, ブログ, 商品紹介タグ , , ,

こんにちは。スタッフの香坂です。
マルタンシェフによる「ブレジュとワインのマリアージュ」第4回勉強会は
2021年3月23日に開催されました。

1回目2021年2月9日:マルタンシェフによる「ブレジュとワインのマリアージュ」はこちらから
https://www.brejew.com/blog/blog0123/
2回目2021年2月24日:第2回マルタンシェフによる「ブレジュとワインのマリアージュ」はこちらから(https://www.brejew.com/blog/blog0124/
3回目2021年3月9日:第3回マルタンシェフによる「ブレジュとワインのマリアージュ」はこちらから(https://www.brejew.com/blog/blog0129/

今回もブレジュの商品を使って、マルタンシェフが美味しいお料理を作ってくださいました!

ワイングラス

今回は前菜1品とパスタが2品でした。
・国産本からすみ 出雲地伝酒仕込み
・スモークサーモンの酒粕クリームソース&ほうれん草のフェットチーネ
・岩手県産熟成生ハムとパプリカのソース&タリオリーニ

1品目:国産本からすみ 出雲地伝酒仕込み

からすみ 盛り付け

からすみはヨーロッパの方ではそのまま食べることはしないそうです。
リゾットやパスタの上にトッピングしたり、からすみパウダーにしたりして食べているとマルタンシェフが教えてくれました。そのまま食べる日本での食べ方は珍しいそうです。
私自身もなかなか馴染みがなく、どのように調理すればいいのかわからなかったのですが、
今回マルタンシェフがとっても美味しいお料理を作ってくれたので、その作り方をご紹介します。

からすみ大根


薄くスライスした輪切りの大根数枚に薄く切ったからすみを挟んで、
オリーブオイルをたっぷりかけて出来上がりです。(簡単そうですね☆)

ブレジュのからすみは島根県産の「出雲地伝酒」を仕込みに使うことで、甘みのある独特の風味を醸し出しています。塩分も控えているのでまろやかなお味になっています。
大根と合わせることによってより甘みが出てきて、こんなに美味しく食べられるのかと感激しました。

「大根とからすみ」というと日本酒が合うと思いますよね。
もちろん、日本酒も合います。

でも今回マルタンシェフが合わせたのは白ワインの「ヴィオニエ」。
からすみの塩味と生野菜で甘みが出てくるので、フルーティなワインの「ヴィオニエ」が合うそうです。

「ヴィオニエ」とは南仏のブドウ品種で、酸は控えめで、華やかでゴージャスな味わいが特徴です。
優しい甘みのあるとっても飲みやすいワインでした。
本当にお料理も美味しく食べられ、ワインも美味しく飲める、まさにマリアージュでした!

シャルドネ系やシャンパンでも合うそうですよ。
からすみには日本酒だけでなく、フルーティな白ワインも合うので
是非お試しになっていただきたいと思います。

2品目:スモークサーモンの酒粕クリームソース ~松江の銘酒 『豊の秋』の酒粕を使って~

パスタ 盛り付け

こちらのパスタは燻製の香りがあるので、さっぱり爽やかな「グルナッシュ・ブラン」70%と「ヴェルメンティーノ」30%の白ワインを合わせてくれました。

こちらのワインはレモンの香りや皮の苦みあるので、燻製に合うそうです。
確かに、パスタのほんのりした甘みとさっぱりしたワインがよく合っていて後味も良かったです。
さっぱり爽やかになり、ワインの辛みがまろやかになります。

他にはリースリングやスモークさを感じるロワールの品種も合うそうです。

3品目:岩手県産熟成生ハムとパプリカのソース 実生柚子仕立て&タリオリーニ

パスタ 盛り付け

こちらの柚子胡椒のパスタソースは、スパイスが効いていて柑橘の香り豊かな個性的なソースです。
パプリカの苦みと生ハムの塩味があり、ピリッとしているので、
ロゼワインの「グルナッシュ・グリ」を合わせてくれました

ワインとパスタ

こちらのワインはハチミツのような甘い香りが特徴的でした。
赤ワインは合わないし、白ワインでもちょっとだけ半端かなと思うのは、ロゼワインがいいそうです。
ロゼワインは何といっても薄く色がついていてきれいですね。
甘い香りはするのだけれど、実は少し辛口なワインでした。

今回2品パスタでしたが、その順番も大切で、
スモークサーモンのパスタは優しい味で、生ハムとパプリカの柚子ソースは柚子胡椒がきいていてパンチのある味なので、この順番にしたそうです。
パスタといってもソースによって全く違うお料理だと改めて認識しました。

ワインを注いでいる

今回4回目ですが少しずつ品種のことがわかってきました。
品種のこと、産地のこと、マルタンシェフはたくさん話してくれます。
でもまだまだ分からないことがたくさんあります。
まずはフランスの地図の勉強から必要かもしれません。

少しでも違いがわかるよう、そして皆さんにもっと詳しくお伝えできるようにこれからも勉強していこうと思います!



///////////////////////////////////////




▼よろしければこちらもフォローをお願いします♪