ブレジュでご褒美~レモンチキンカレー編~

投稿日: カテゴリー スタッフコラム, ブログ, 商品紹介タグ , ,


こんにちは!商品担当の猫田です。
2021年もやっと梅雨が明け、いよいよ本格的な夏がやってきましたね!
梅雨明けはうれしいですが、急に暑くなりすぎて体がついてきません…。

そんな暑い夏に食べたくなるものといえば・・・みなさまは何を思いつきますか?
のど越しさわやかなもの?酸っぱいもの?辛いもの?
そんな全部をかなえてくれるこの時期ぴったりなものがブレジュにあります♪
それは・・・「レモンチキンカレー」です!!

レモンチキンカレー

お皿にレモンを添えて盛り付けたレモンチキンカレー

レモンの酸味がさわやか!
個人的にカレーにレモンは今まで挑戦したことなかったのですが、食べてみて・・・
なるほど!レモンとカレーは合うと納得しました。
絶妙なスパイスの配合!
シェフの特製の配合がちょうどよい辛さと深い味わいを出していて、くせになります。
カレーは飲み物というフレーズもあるように、あっという間に完食してしまいます。


ということで、
第2回目のブレジュでご褒美は、「レモンチキンカレー」です。
冷房の効いた涼しい家で食べるカレーももちろん美味しいですが、今回は気分転換に“外ごはん”に挑戦してみたいと思います!

ブレジュでご褒美~レモンチキンカレー編~

昨今の状況により、なかなか遠出もできないですよね。
そんな時こそ心地よい空気を感じながら、気軽にベランダやお庭で“外ごはん”はいかがでしょうか。
用意が大変だったり、調理が難しかったりすると気軽に“外ごはん”を楽しめないので、今回は簡単かつシンプルにしました。

いつも頑張っている自分へのご褒美にちょっとした幸せを感じてもらいましょう♪
よりブレジュの商品を理解していただくのはもちろん、みなさまのお料理の際に少しでもお役に立てれば幸いです。

ブレジュでご褒美 第1回は「奥出雲和牛のプレミアムハンバーグ ポワブルベールソース添え~編」の記事はこちら
https://www.brejew.com/blog/blog0131/

~調理編~

用意するもの
材料は、米と水とブレジュの「レモンチキンカレー」のみ!
調理器具は、カセットコンロと鍋と蓋のみ!

今回はキャンプ感覚を味わうために、ごはんはOKAMADON(おかまどん)という調理器具で炊きました。
(シェラカップという器にも量りにも鍋にもなんでもできる万能調理器具にかまどになる蓋をつけたものです。)
もちろん普通の鍋でかまいません。
とっても簡単ですので、ぜひ一度“鍋でごはんを炊く”経験をしていただけたらと思います!
災害の時にも役立ちますし、炊飯器より時間が短く済むので、急いでいる時にもおすすめです。

まず先にごはんを炊きましょう!

米と水を鍋に入れる

~お鍋の場合~
米・・・1合(150g)
水・・・200ml
*無洗米が研がずに便利です。(研いだ場合は、30分吸水させます)
①中火にかけ、沸騰させます。(蓋を開けて、沸騰したか確認してOK)
②弱火にし、10分炊く。10分たったら最後に10秒だけ強火にし、火をとめる。
③10分蒸らす。

※OKAMADONの場合は、商品の記載通りに炊いてください。

蓋されたかまど

ごはんを蒸らしている間に、レモンチキンカレーを湯煎していきます!
沸騰したお湯に約10分湯煎します。

レモンチキンカレーを鍋で湯煎している様子

ごはんも無事に炊けました!(失敗してないかドキドキでした…よかった…)

炊きあがったお米

そこに熱々のレモンチキンカレーを入れます。

シェラカップに盛り付けたレモンチキンカレー

はい!出来上がり♪
暑い日に、レモンの酸味のカレーがぴったり!!おいしい♪
いつもと違う外での雰囲気で食べると、さらにおいしさが増します♪

スパイスを使って自分で作ったカレーもおいしいですが、一から作るとなると材料を揃えるのが大変ですよね…
ブレジュの「レモンチキンカレー」は湯煎するだけで、簡単なのに本格的な味も味わえます!

そして今回実践して思ったのが、暑かったですが…“外ごはん”は楽しかったです。
みなさまも自分のご褒美として、一度お召し上がりいただけたら嬉しいです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



///////////////////////////////////////




▼よろしければこちらもフォローをお願いします♪