話題のお店 ローストビーフ大野の、とろけるローストビーフ丼とは?実食レポート

投稿日: カテゴリー スタッフコラム, ブログタグ ,

こんにちは、ブレジュスタッフの青坂です。

皆さんはローストビーフの専門店「ローストビーフ大野」というお店をご存知でしょうか?ローストビーフ大野は2015年に秋葉原に1号店がオープンして以来、ローストビーフ丼が大人気のお店です。
今回はローストビーフ大野 秋葉原店にお邪魔して、ローストビーフ丼を実食させていただきましたので、その様子をご紹介したいと思います。

ローストビーフ大野とは?

ローストビーフ大野は2015年にオープンしたローストビーフの専門店です。

ローストビーフ大野で使用する肉は国産黒毛和牛のA4ランク以上のものだけ。肉、ごはんそれぞれにかけるソースや添え物も毎日手作りしています。 仕入れた肉は7時間以上かけて低温調理し、感動するほどの柔らかさを引き出しています。

【公式】ローストビーフ大野 https://roastbeef-ohno.com/message

おいしいローストビーフを作るためには、低温でじっくりと火を通す必要があります。7時間以上じっくり火を通すのは家ではなかなか難しく、工場などでは管理がしやすいですが、お店でそれを実施している点はとてもこだわりを感じますね!

また、味だけでなく、せっかく来ていただいたお客様に満足してもらえるよう、サービス面も期待を超えるものを提供できるよう目指しているようです。おいしいローストビーフをおいしく食べてもらうための努力を感じ、とても好感が持てますね。

実際にお店には日曜日の12時にお伺いしましたが、すでにお店の外まで列ができており、人気店なことが伺えました。

ローストビーフ大野 秋葉原店の、日曜日のお昼過ぎに、外までお客様が並んでいる様子
ローストビーフ大野 秋葉原店

ローストビーフ大野のメニュー

ローストビーフ大野 秋葉原店では3種類のメニューが用意されていました。
ローストビーフ丼が2種類とステーキプレートです。 今回はローストビーフ丼を食べに来ましたので、2つのローストビーフ丼の違いを店員さんにお伺いしたところ、使用する牛肉の産地の違いでした。

「黒毛和牛のローストビーフ丼定食」は国産A4ランク以上の黒毛和牛を使用してるローストビーフで、サシが程よく入ったコクのある味わいが特長です。
「ローストビーフ丼定食」は和牛ではないアメリカ産の牛肉を使用しているとのことで、和牛のローストビーフよりもあっさり食べられる味わいのようです。
公式HPには、使うお肉はすべて和牛との表記がありましたが、こちらのローストビーフ丼のお肉は和牛ではないようでした(2022年7月時点)。産地は日によって違う可能性がありますので、気になる人は店員さんに確認することをお勧めします。

今回は「黒毛和牛のローストビーフ丼定食」をいただきました!
ごはんの量の希望も聞いてくれましたので、少なめでお願いしました。(無料でごはんは大盛もできます!)
ソースはシャリアピンソースとわさびソースの2種類から選べるので、シャリアピンソースにしました。シャリアピンソースとは、玉ねぎベースの少し甘さのあるソースです。(ちなみにシャリアピンソースは日本生まれのソースです。)
その他、ローストビーフの大盛もできるので、お好みでいろいろとカスタマイズできます。

黒毛和牛のローストビーフ丼定食

店内に案内されるとすぐに、事前に注文していた「黒毛和牛のローストビーフ丼定食」が提供されました。

ローストビーフ大野の黒毛和牛のローストビーフ丼定食
黒毛和牛のローストビーフ丼定食

どんぶりに薄くスライスされたローストビーフがきれいに山型に盛り付けられており、その真ん中の一番上に卵黄が乗っています。キャベツも添えられていて、とてもおいしそうです。また、マヨネーズのソースもついています。

ローストビーフ丼のほかに、スープと薬味(山わさびとクリームチーズ)もついてきました。スープはシンプルな味付けで、あっさりとしていておいしかったです。

ローストビーフ大野の薄くスライスされたローストビーフを箸で持ち上げている様子
薄くスライスされた柔らかいローストビーフ

まずは何もつけずにローストビーフをそのまま1枚いただきました。
薄く均一にスライスされているので食感がとても柔らかいです。家でローストビーフ丼を作る際は、ここまで薄く均一にスライスすることは難しいので、職人技を感じました。
そして和牛の濃厚な味もしっかりと感じられ、シャリアピンソースのやさしい甘さとマッチしてとてもおいしかったです!

ローストビーフ丼の上に乗っている卵黄を崩し、ソースと混ぜた様子
食欲をそそるビジュアル!

ローストビーフそのもののおいしさを楽しみましたので、次は卵黄をくずしてマヨネーズソースとごはんと一緒にいただいてみます。
卵黄がローストビーフの山の上から流れてきて、食欲をそそります。
ローストビーフが非常に柔らかいので、ごはんに巻いて食べました。
口に入れると、お肉と卵黄が混ざり合った濃厚な旨みが広がります。とてもおいしく、幸せな気持ちになりました。

ローストビーフも何枚も重ねて乗っているので、添えられているキャベツの酢漬けと一緒に食べたり、付け合わせの山わさびをのせて食べたりと、食べ方も変えられます。とくに山わさびをのせて食べると、味わいが爽やかになりおすすめです!

いかがでしたでしょうか?
今回はごはんを少なめにしてもらいましたが、女性なら少なめでも十分なボリュームがあるように感じました。

とろける食感のローストビーフ丼を楽しみたいという方は、ぜひローストビーフ大野に足を運んでみてください。

ローストビーフ大野 秋葉原店

私が行った日曜日の12時だとすでに行列ができていたので、なるべく待たずに食べたいという方は、オープン直後か、ランチやディナータイムを避けた時間に行くことをお勧めします。

おうちでローストビーフ丼を楽しむ方法

お店に行かずにローストビーフ丼を家で楽しみたい方は、ローストビーフをお取り寄せしてお好みのローストビーフ丼を作ることもできますね。
ブレジュのローストビーフは希少な黒毛和牛の奥出雲和牛を使っていますので、柔らかい食感でローストビーフ丼にもピッタリです。

気になる方はぜひ一度お試しください♪

ブレジュのローストビーフのお取り寄せはこちらから


///////////////////////////////////////

▼よければこちらもフォローお願いします♪