テーブルを華やかに魅せるブレジュ食材をアレンジして、楽しいホムパ!

投稿日: カテゴリー Licaco kitchen, スタッフコラム, ブログ, レシピ, 商品紹介, 洋食タグ , , ,
乾杯の様子

いつもブレジュ倶楽部をご利用いただきありがとうございます。
ブレジュ・アンバサダー、中村です。

ブレジュアンバサダーの中村理香子氏


今年は、梅雨入りもとても早く、東京でももうすぐとの予報が出ています。
梅雨や昨今の状況もあり、お家ご飯や、家族や親しいご友人とのお家で過ごして、お食事ホムパが増えてきていると思います。
その際、ブレジュの食材も多くご利用いただいているお声もよく耳にしますので、今回は、私が実際、ブレジュ食材に+αしたもの、アレンジした食材のメニューをご紹介させて頂きます。

私は、ブレジュのアンバサダーの傍ら、ファッションスタイリスト、フードスタイリストのお仕事をしていますので、お客様との会食も、このご時世により、私のサロンにお招きして、お食事をご用意してお喋りをする機会が、各段に増えました。


ブレジュの商品は、前菜~メイン、シメものからデザートまで揃っていますので、用意が簡単
1から作っていた時から思うと、時間が5分の1になったと言っても過言でないぐらいです。

今回は、前菜とメイン、デザートのアレンジ&添え野菜をご紹介させて頂きます。

1.前菜 「パテ・ド・カンパーニュ

パテ・ド・カンパーニュをピンチョスにアレンジ

前菜で用意した「パテ・ド・カンパーニュ」は、プチトマト、オリーブを差して、ピンチョス(※手でつまめるフィンガーフード)にしました。
華やかさも増しますし、このご時世には安心して食べやすい感じもします。
ディルで、お皿に動きもできて、目でも楽しい一皿です。
粒マスタード、シーソルトを添えて。

2.メイン「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み

牛ほほ肉の赤ワイン煮込み 盛り付け

メインとして用意したのは「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
フォンドボーと赤ワインで煮込んだ牛ほほ肉は、とても柔らかくて口の中でとろけます。
添え野菜は、歯応え食感のあるものじゃがいも、にんじん、ブロッコリーなどを選びました。
そうすることでお肉の柔らかさとバランス良くお食事を楽しめます。

野菜を茹でる様子


また、この添え野菜は、ブレジュのシェフ、マルタン氏に教えて頂いたレシピです。
5gバターと野菜が浸かる程度の湯とひとつまのお塩で茹でるだけ。
今回は、じゃがいもとラディッシュにしました。イタリアンパセリで彩を締めて。

3.デザート「パンナコッタとカスタードの2層プディング

デザートには「パンナコッタとカスタードの2層プディング」を用意しました。
そのまま食べても、甘すぎず、ワインにも合う大人スイーツですが、フルーツを添えます。

フルーツマリネ

レモンをみじん切りにして、ミントとハチミツで一晩寝かせます。
一晩寝かしたレモンに、苺、ブラックベリーを刻んで入れ、絡めます。

プリンにフルーツマリネを乗せた盛り付けのアレンジ

あとは、パンナコッタをあえて、スプーンでつぶしてから、これらを乗せてできあがりです。
これは、お子様にも人気ですし、デザートであっても、ワインにも合い、いつもホムパで人気のデザートです。

ローストビーフがメインのパーティーシーン

今回は、3点のアレンジや盛り付けのご提案をさせて頂きました。
ご参考にして頂ければ、幸いです。
ホムパが今しばらく多くなりそうな昨今ですので、また、アレンジレシピなどをご紹介できればと思います。

お料理上手な皆さまもたくさんアレンジレシピを試されていらっしゃると思いますので、
ぜひ、教えて頂ければ嬉しいです。

▼今回ご紹介した商品はこちら♪



///////////////////////////////////////




▼よろしければこちらもフォローをお願いします♪